048-834-1155

9:00~17:00 ( 土日祝を除く )

No.149じめじめの梅雨

2024.05.31

じめじめの梅雨

6月になるといよいよ梅雨が始まります。じめじめとした日が続き、気分も上がらず梅雨を嫌う人も多いのではないかと思います。
梅雨にはデメリットだけではなく、メリットもたくさん存在します。
そんなデメリットとメリットをご紹介します。

まず初めに梅雨はなぜ起きるのでしょうか。
梅雨は、東西にのびる「梅雨前線」によってもたらされます。冷たく湿ったオホーツク海高気圧と暖かく湿った北太平洋高気圧がぶつかることで発生します。

デメリット
・ストレスがたまる
  雨の日は外に出る機会も減るためストレスを発散する機会が減少します。
・洗濯物が乾かない
  雨の日は外に干すことができないため生乾きになり、匂いにも悩まされます。
・湿気が多い
  夏の時期は気温も高く湿度も高くムシムシとした日が続き不快感を覚えます。
・食べ物が傷みやすい
  食べ物が湿気などにより傷みやすくカビも生えやすいため管理方法が難しくなります。

メリット
・水不足を解消する
  水不足になると断水により「トイレが流せない、お風呂に入れない」など生活に支障がでます。生活の根源となっている水が潤います。
・リラックス効果がある
  マイナスイオンが家の中にも充満します。「睡眠・食欲増進・疲労防止・疲労回復など」人の健康を自発的にサポートしてくれます。
・花粉が飛ばない
  花粉の飛散量が減り花粉症に苦しんでいる方はとても過ごしやすくなります。
・空気の浄化
  雨の日は空気に舞っている埃や排気ガスを洗い流してくれます。空気がとても澄んでいて過ごしやすくなります。

いかがでしょうか。梅雨にはこのようにメリットもたくさんあります。
外出ができない日は家の中でゆっくりと過ごし、日ごろの疲れが取れるよう体を休める期間にしてもいいのではないでしょうか。また、普段見ることのない映画やドラマを見たり、裁縫・料理をしてみたりと新たな趣味を見つけることもおすすめです。
外に出る人も少ないためお店が空いていることも多いです。あえて外にお出かけしてみるのもいいのかもしれません。

梅雨の時期にしかできない楽しみ方もあると思いますので、憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてぜひ楽しんで梅雨を乗り越えましょう。